副業、兼業と健康管理

皆さんは、副業や兼業についてどう考えていますか?

働き方改革の推進が行われる中で、副業や兼業を許可する企業も増えてきています。というのも、副業、兼業に関しては、働き手側がスキルアップを果たす大いなる経験を積むことのできる好機会であったり、十分な副収入を得ることができるビッグチャンスに成りうることもあるのです。古巣の職場では、マンネリ化していたことが、社外からの新しい知識や外部の人との交流や人脈から、さらなる情報を得ることで、主体となる事業の拡大を果たすことも考えられます。また、労働者自信の自律、自主性が生まれ、職場全体の活性化につながるとも考えられています。注意点としては、労働時間、就業時間の管理や、社内機密の管理などがあげられていますので、トラブルとならないような働き方が求められます。

副業、兼業には、様々な働き方があります。正社員、パート、アルバイト、会社員、起業といった、様々な形態がありますので、自身にあった働き方をみつけることが必要です。能動的に自身による選択権を得た働き方なので、自由を得た分、自身の健康管理を今までよりも増して重点的に自己管理として行うようにしましょう。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です