個人と法人のどちらが良いのか

起業をするときに個人事業主として独立をするのか、法人として起業するのかは大きな選択です。
これらには、どんな違いがあるのでしょうか。

 

会社を経営する上で一番の違いと言えるのが、税金に関する規則でしょう。
個人と比較して、法人として起業する場合は、運用に対するコストが大きくなることが知られています。
しかし、個人事業と比較すると、法人の課税所得や所得税などは個人事業主に比べて税率が低く、規模が大きくなればトータルでプラスと言えるでしょう。

税制面の都合だけでなく、個々の起業を志す方々がどのような事業内容を計画しているかによって、個人にするのか、法人にするのかを判断するべきだと思います。
一般的には事業の規模が、小規模か、中規模以上でイメージしてほとんど問題ないと思います。
今後、自分の会社を大きくしていきたいと考えている場合には法人一択でしょう。

 

他にも、社会的な信頼と言う観点から考えると、個人として活動するよりも法人として活動するほうが有利であるように思います。
個人で活動されている方よりも、〇〇法人とか〇〇株式会社のほうがなんとなく信用できるのは想像に難くないのではないでしょうか。

もちろん、個人で事業を行っているからと言って信用されないわけではないですし、法人でも信用されないところもあるでしょう。
実際には自分たちがどのように事業を進めていくかにかかっているわけですが、名前だけの信用度では差があるように感じます。

 

小規模で地道に事業を行いたいと考えているなら、コストがかかりやすい法人を作る必要は無いでしょう。
これらのことからどのような会社を作りたいと考えているのか、具体的に検討すると良いでしょう。